家族信託について知ろう!トラブルを起こさないようにする為に

信託と家族信託の違い

信託とは

財産を持っている人が信頼できる人や会社に財産を預かってもらうことです。目的によって財産の管理や処分を行ないます。

家族信託とは

信託と同じように目的によって財産の管理や処分を行なうことですが、信頼できる人や会社に財産を預けるのではなく、家族に委ねることです。

どんなトラブルを回避できるのか?

no.1

財産分与に関するトラブル

家族信託の手続きを行わずに財産の所有者が亡くなった場合、残された財産をどのようにして分けるのか決める必要があります。家族信託を行なっておけば、トラブルなく財産を均等に分けることができます。

no.2

判断能力が鈍っても大丈夫

もし、高齢で認知症などの進行により財産に関することを理解していなくても、家族信託の手続きを行なっておけば問題なく財産を守ることができるようになります。

no.3

色々なことを一本化できる

家族信託は、委任契約や成年後見、遺言などを一本化できます。そのため、手続きも面倒ではありませんし、一度にまとめることができるので何かが欠けているなどのトラブルが無くなります。

no.4

生前に全て行なっておける

これまでは財産分与するとなったら所有者が亡くなってから行ないました。しかし、家族信託なら生前に全てを用意しておけるので亡くなった後に身内同士で揉めることを回避できるようにしておけます。

no.5

全て任せられるから安心

家族信託は、個人で色々と手続きするのではなく弁護士や司法書士などを間に挟んで手続きを行ないます。そのため、法律に従って対応してくれるので安心して任せてトラブルを起こさないようにできます。

家族信託について知ろう!トラブルを起こさないようにする為に

男性と女性

今の時代だからこそ必要

核家族化が進んでいる今、家族信託の手続きがとても重要になります。身内同士で揉めないようにするためにも、事前に財産の所有者は手続きしておきましょう。

判断能力が鈍くなる前に

超高齢化だと言われている時代なので、高齢者の人数が多くなっています。そのため、判断能力などが鈍る前に家族信託の手続きを行なっておいたほうがいいでしょう。

法律に従って手続きできる

家族信託の手続きは法律に従って行なうので、残された書類などのことは必ず守らないといけません。もし、守れない場合は裁判に発展しややこしくなることもあります。

身内の未来を守るために

家族信託は、財産の所有者が亡くなった時に残された家族の未来を守るために必要なことです。将来のことを考えて手続きができる時に、弁護士や司法書士に相談しておくことをおすすめします。

会社のことや税金のことは法律のプロへ相談

相談

会社に必要な存在である社労士とは?会社に関わる法律問題を解決

会社の業務に関することにもさまざまな法律が影響しています。しかし、その法律を全て把握することは困難です。そんな時に大切な存在となるのが「社労士・税理士」になり、雇っておくことですぐに相談することができます。

READ MORE
男性と女性

家族信託について知ろう!トラブルを起こさないようにする為に

家族信託は、家族の財産を所有者の意思にそって身内が管理や処理を行なうことになります。そうすることで、財産によるトラブルを避けることができるようになり、身内同士で争うことを避けられます。

READ MORE

新着情報

広告募集中