会社に必要な存在である社労士とは?会社に関わる法律問題を解決

会社に必要な存在である社労士とは?会社に関わる法律問題を解決

相談

社労士に会社のことを任せる

会社を経営することは、とても大変です。また、近年は労働に関するトラブルも多くコンプライアンスなどの影響もあり、労働に関する管理が難しくなっています。そのため、労働に関する知識を持っている社労士の存在がとても大事になります。

会社の経営や労働に関する法律のプロ

社労士は、会社に纏わることを全て任せてもいいといえるほど知識を豊富に持っています。それは、福利厚生や給料の計算、人事制度の構築、人材育成、労務監査などさまざまなことを任せられるのです。横浜の会社では、ほとんどが社労士を雇っています。

社労士に任せたい業務について

no.1

人事に関する内容

社労士を雇っている会社の多くは、人事に関する内容を任せたいからというのが多いです。その理由は、人を雇うことがさまざまな問題に発展することがあるからです。そのため、社労士に任せて労働基準法などに基づいて行なうとスムーズに事が進みます。

no.2

給与に関する内容

会社を経営していることは、従業員に給料を支払って働いてもらわないと成り立ちません。しかし、給与計算は従業員の生活に必要なお金になるので重要です。ですが、社労士に任せることで法律に基づいて給与の管理を行なってもらうことができます。

no.3

福利厚生の手続き

福利厚生に関することは、社会保険や雇用保険など従業員の保険に関する手続きが必要になります。しかし、こういった保険の手続きは血行複雑で間違った対処を行なうと保険未払いになったりするので従業員に負担がかかります。しかし、社労士ならしっかりと手続きしてもらえるので安心です。

no.4

労務監査を依頼できる

現代は、会社のコンプライアンスに関する問題が増えてきています。そんな問題を解決するには、定期的に労務監査を入れて人事や労務の現状を把握する必要があります。そのために社労士に労務監査を依頼して、現状を把握することもできます。

no.5

就業規則の管理ができる

サービス残業や夜遅くまで会社に残っているなどの仕事に対してのモラルが低下しています。これは、就業規則に違反している可能性があるので社労士に第三者として入ってもらうことで就業規則を見直し、働きやすい仕事環境を整えられるようになります。

社労士と税理士を比較してみた

税理士

税理士は名前の通り税金に関することを法律に基づいて対応してくれます。これには税金の申告や申請、税務署類などが挙げられます。

社労士

社労士も税金に関することを把握する必要がありますが、基本的に労働に関する書類作などを行なうことが多いです。

会社のことや税金のことは法律のプロへ相談

相談

会社に必要な存在である社労士とは?会社に関わる法律問題を解決

会社の業務に関することにもさまざまな法律が影響しています。しかし、その法律を全て把握することは困難です。そんな時に大切な存在となるのが「社労士・税理士」になり、雇っておくことですぐに相談することができます。

READ MORE
男性と女性

家族信託について知ろう!トラブルを起こさないようにする為に

家族信託は、家族の財産を所有者の意思にそって身内が管理や処理を行なうことになります。そうすることで、財産によるトラブルを避けることができるようになり、身内同士で争うことを避けられます。

READ MORE

新着情報

広告募集中