お金に関するトラブル

私たちはお金がないと生活することができません。そのため、仕事して給料を貰い生活を送ることがある程度の年齢を迎えると必要になってきます。しかし、そんな必要なお金に関するトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

過払い金とは一体何?弁護士に依頼する前に知っておこう

女の人

借金を抱えて生活することは…

仕事していても急な出費などでお金が足りなくなることがあります。そんな時は、借金して一時的に不足分を補うことを考えるでしょう。一度だけで返済できる金額なら、まだ返済しやすいので負担にならないかもしれません。しかし、借金が積み重なっていくとどんどん生活が圧迫されていくことになります。

長く借金を抱えた状態

人によっては、何度も借金してしまい自転車操業のように借金しては返済を繰り返している、利息ばかり支払っていて元金が減っていないなどで苦しい返済生活を送っていることがあります。そんな人たちは、最終的に滞納して消費者金融から取り立てが始まってしまうので、早めに解決できるようにしなければいけません。その一つとしてあるのが、弁護士に依頼する「過払い金」の手続きです。

過払い金とは何?簡潔にまとめてみました!

  • ・払い過ぎた利息を取り戻し、元金の返済へ回すことができる。
  • ・弁護士に過払い金の依頼をすれば、即日から取り立てが無くなる。
  • ・何社でも過払い金の手続きが可能である。
  • ・既に完済している借金も過払い金の対象になる。
  • ・消費者金融だけでなくショッピングローンなども対象になる。
  • ・過払い金の手続きを行なうことで、金銭面の負担が大幅に無くなる。
  • ・曖昧な記憶であっても、完済したローンの会社名や時期を伝えたら調べてもらえる。
  • ・弁護士に全て任せられるので安心できる。
  • ・ただし、5年ほどローンを組んだりクレジットカードを作ることができない。
  • ・もし、元金を支払っても過払い金が余る場合は戻ってくる。

手続きは簡単!過払い金の手続き方法をご紹介!

まずは借金の整理を行なう

複数の会社から融資を受けている場合、どこにどれぐらい返済しているのか理解していない可能性があります。そんな時は、融資を受けた会社の名前と時期、返済額などをまとめておきましょう。自分の分かる範囲でいいのでまとめておくと弁護士に伝えやすくなります。

依頼する弁護士事務所を選ぶ

過払い金の手続きは、法律に基づいて行なうので弁護士を間に挟む必要があります。通常は、住んでいる地域にある弁護士事務所に出向いて直接相談することが大事ですが、過払い金専門で有名なところがいいというのなら福岡や大阪、横浜などでも地域関係なく相談することが可能です。

電話でやり取りするのでしっかりと伝える

遠方から依頼する場合、過払い金の手続きを電話でやり取りすることになります。正式な書類も郵送で行なうことになるので、しっかりと今の状況を伝えて弁護士の指示に従うようにしましょう。そうすれば、過払い金の手続きを電話でも行なうことができます。

後日、返済計画が返ってくるから確認を

電話や郵送で手続きを行なったら後日どれぐらいの金額と期間で返済していくのか、過払い金がどれほど戻ってくるのか書面で伝えてくれます。その書面は、大事なものになるのでしっかりと確認しておきましょう。保管も無くさないようにし、過払い金に関することが全て終わるまで持っておくようにしてください。

返済できなくなった時は即連絡を

もし、過払い金の手続きしても元金がまだまだ残ってしまうことがあります。そんな時は、負担にならない金額で返済していくようになりますが、人によっては厳しい時もあるでしょう。その際は、必ず担当の弁護士へ連絡して返済できないことを伝えましょう。そうすることで、今後どうすべきか指示をもらうことができます。

[PR]会社の節税対策は税理士に頼もう
全国にいるプロを紹介中!

[PR]過払い金なら福岡の先生に相談
電話でも話を聞いてくれちゃう

[PR]家族信託の悩みをプロに相談
財産をしっかり管理しよう

[PR]税理士なら大阪の先生に相談
24時間でメールで受け付けしてくれる

[PR]横浜で評判の高い社労士事務所をリサーチ☆
業務内容を要チェック!

会社のことや税金のことは法律のプロへ相談

相談

会社に必要な存在である社労士とは?会社に関わる法律問題を解決

会社の業務に関することにもさまざまな法律が影響しています。しかし、その法律を全て把握することは困難です。そんな時に大切な存在となるのが「社労士・税理士」になり、雇っておくことですぐに相談することができます。

READ MORE
男性と女性

家族信託について知ろう!トラブルを起こさないようにする為に

家族信託は、家族の財産を所有者の意思にそって身内が管理や処理を行なうことになります。そうすることで、財産によるトラブルを避けることができるようになり、身内同士で争うことを避けられます。

READ MORE

新着情報

広告募集中